「朝鮮労働党万歳!」平壌本部
http://wsdprk.blogspot.com/に移転しました

ブログトップ  

カテゴリ
全体
朝鮮音楽
その他音楽
朝鮮
総聯・在日同胞
南朝鮮
日本
世界
北朝鮮用語の基礎知識
未分類
以前の記事
2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
more...
倉庫
  • mediafire
    upした朝鮮音楽mp3
  • モガディシュ支部
    朝鮮のうた第34集「行事音楽曲集」のmp3あり。
  • 仮設川崎支部
    何もない
  • 検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
     
     ● 

    タグ:mp3アップ ( 21 ) タグの人気記事

     ● 

    【メーデー】勝利の5月

    晴れた五月の青空に うたごえ高く響かせて
    進む我らの先頭に なびくは赤い組合旗〜


    今日は労働者の祭典、メーデー。というわけで、またもやリ・ミョンサン作曲なんですけど、1947年創作の「勝利の5月」です。
    勝利の5月 歌詞日本語訳

    立派な我らは力強い勤労者
    新世紀を創造する勝利の主人
    自由の旗を翻して進むのだ
    全世界を震撼させる団結の雄叫び
    トンムたちよ この気勢で固く団結し
    人民経済計画を勝利のうちに遂げよう

    我らは労働法令の新時代を求めて
    増産競争 一心に走る戦士
    あらゆる苦難を退け突破して進み
    民主国家 富強朝鮮を打ち立てて行こう
    トンムたちよ この気勢で固く団結し
    人民経済計画を勝利のうちに遂げよう


    • 勝利の5月 - mediafire
      朝鮮のうた第43集 リ・ミョンサン作曲集1。万寿台芸術団

    [PR]
    by vchangun | 2009-05-01 23:57
     ● 

    【祝・衛星発射成功】我らの衛星が空に浮かぶ

    この記事は新ブログへ移しました。
    http://wsdprk.blogspot.com/2009/04/blog-post_06.html
     
     
     
     
     
    [PR]
    by vchangun | 2009-04-06 00:27 | 朝鮮音楽
     ● 

    我らは勝利した

    リ・ミョンサン作曲の「我らは勝利した」。祖国解放戦争(朝鮮戦争)直後の創作なので、一応戦時歌謡に分類できよう(普天堡の「戦時歌謡連曲」にも入ってるし)。この歌、本当はもう少し早く紹介したかったんだが、先月は色々と忙しくて、前回の更新から丸一ヶ月空いてしまった。
    我らは勝利した 歌詞日本語訳

    祖国の 自由と 独立のため
    あまたの高地と 空と海から
    愛する祖国の領土 勇敢に死守して
    敵どもを打ち破り 我らは勝利したよ
    輝かしい勝利の旗 ひらひら 翻り
    英明なる首領様の尊き志を仰ぎ
    明日の燦爛たる 建設へ向け進もう
    明日の燦爛たる 建設へ向け進もう

    万代 とわに享受する 幸福のため
    奸悪な敵どもの悪足掻きにも
    厳しい苦難 退けて この日を信じて
    増産の炎となり 我らは勝利したよ
    輝かしい勝利の旗 ひらひら 翻り
    英明なる首領様の尊き志を仰ぎ
    明日の燦爛たる 建設へ向け進もう
    明日の燦爛たる 建設へ向け進もう

    • 我らは勝利した - mediafire
      血の海歌劇団。朝鮮のうた第43集 リ・ミョンサン作曲集1 より

    a0072616_1201962.jpg

    ところで、いよいよ今日からですね…。発射成功を祈っております。
    [PR]
    by vchangun | 2009-04-04 01:22 | 朝鮮音楽
     ● 

    2.16慶祝特集<2> - mp3慶祝うp

    67回目のお誕生日を迎えられた将軍様の健康を祝願し、朝鮮音楽mp3うpを盛大に挙行致します。
    a0072616_21281132.jpg
    • 我らの将軍様を仰ごう - mediafire
      慶祝特集<1>で取り上げた曲。普天堡電子楽団144集 チョン・グォン作曲集1より
    • 白頭山の2月を愛したな - mediafire
      普天堡電子楽団144集 チョン・グォン作曲集1より
    • 誇りに満ちた海路 - mediafire
      普天堡電子楽団第89集より。歌は金光淑、李粉姫。チョン・グォン同志の編曲が冴えます。
    • この山河はとても良い - mediafire
      普天堡電子楽団第89集。レインボー通商で一昔前、よく流れていたので、聞き覚えのある方も多いでしょう。
    • 小白水のつつじ - mediafire
      ワンジェサン軽音楽団による。普天堡電子楽団第71集 アン・ジョンホ作曲集3より
    • 前へ - mediafire
      血の海歌劇団による。朝鮮のうた第88集 パク・ムジュン作曲集3より


    以上です。

    嚮導の星明かりが、いつまでも朝鮮の前途を、我らの行く手を照らさんことを!

    偉大な領導者 金正日 将軍様 万歳!
    [PR]
    by vchangun | 2009-02-16 21:54 | 朝鮮音楽
     ● 

    決戦の途へ

    民族最大の名節までいよいよ残り10日を切りました・・・

    でもその前に、「塹壕の中の我が歌」に続いて戦時歌謡をお届けしようと思います。1951年創作の「決戦の途へ」です。
    決戦の途へ 歌詞日本語訳

    苛烈な戦闘のあの丘
    血を流した同志を忘れられようか
    斃れた戦友の恨みを晴らすべく
    行こう、友よ 殲滅の道に
    万歳 万歳 万歳 高く叫び
    敵の火点を陥として前へ
    敵の火点を陥として前へ
    行こう、友よ 決戦の道へ

    敵の銃口をその身で阻んだ
    戦友の死を無駄にするものか
    命令は下った 弾雨をくぐり
    行こう、友よ 殲滅の道に
    万歳 万歳 万歳 高く叫び
    敵の火点を陥として前へ
    敵の火点を陥として前へ
    行こう、友よ 決戦の道へ

    血をもって勝ち行くこの道が
    懐かしい故郷に伸びている
    首領に誓った赤い心で
    行こう、友よ 殲滅の道に
    万歳 万歳 万歳 高く叫び
    敵の火点を陥として前へ
    敵の火点を陥として前へ
    行こう、友よ 決戦の道へ
    朝鮮で「戦時歌謡」というと祖国解放戦争(朝鮮戦争)中に創作された歌のことを指します。「将軍様の健康は我らの勝利~~」ってな調子の現代の軍歌も良いですが、戦時歌謡の魅力は正統派軍歌が多いということではないでしょうか。「決戦の途へ」然り、「海岸砲兵の歌」然り。

    あああ、で、国立交響楽団による演奏をupしておく。以前eSnipsの方にうpした気がするが、あれはもうポアということで再ŭp。
    • 決戦の途へ - mediafire
      国立交響楽団第9集より。全長9分7秒

    a0072616_2259554.jpg
    ▲ネナラより

    「タグ」機能を試験運用中・・・
    まだ不完全です


    ===========
    2009/02/08 追記

    mp3のリンク先が間違っていたので直しました。申し訳ありません。
    [PR]
    by vchangun | 2009-02-07 23:01 | 朝鮮音楽
     ● 

    【チェコスロヴァキア】Kupředu, levá! Zpátky ni krok!

    チェコ事件の記事で言及した 'Kupředu, zpátky ni krok!' という歌についてちょっと紹介する。



    歌詞はこちら。"Kupředu, zpátky ni krok!" は図書館でチェコ語辞典をひいて調べたところ、どうやら「前へ、一歩たりとも退くな」という意味らしい。この歌は1950年代前半からラジオ・プラハのインターバル・シグナルに使われたが、ビロード革命により共産党政権が崩壊してからはドヴォルザークの「新世界より」第1楽章の一部に変更された。

    mp3がこのページに2本あるが、アホみたいに重いので転載しておいた。
    • Kupředu, zpátky ni krok! - mediafire
      その1
    • Kupředu, zpátky ni krok! - mediafire
      その2

    というわけだ。

    a0072616_20193861.jpg
    ▲第1チェコスロバキア独立歩兵大隊の点呼をとるスヴォボダ将軍(1943年頃)。
    スヴォボダ将軍は第2次世界大戦中にチェコ人部隊を率いてソ連軍とともにナチスドイツと戦った人物で、のちにプラハの春でチェコスロヴァキアの大統領に就任する。また、「チェコスロヴァキア社会主義共和国英雄」の称号を3度受称している。つまり、我らの金日成大元帥様と同じ3重英雄であります。(ただし、実はスヴォボダは1946年にユーゴスラヴィアから、そして1965年にはソ連からも英雄称号を貰ってる。というかレーニン勲章ももらってる)
    [PR]
    by vchangun | 2009-01-20 20:27 | その他音楽
     ● 

    君を見て思う mp3うp

    1月2日の記事のコメント欄にも書きましたが、普天堡電子楽団第57集より「君を見て思う」をアップしました。
    • 君を見て思う - mediafire
      歌、李京淑

    [PR]
    by vchangun | 2009-01-20 18:20 | 朝鮮音楽
     ● 

    朝鮮音楽mp3うp & 年越し朝鮮中央放送

    革命と強盛大国建設において歴史の分岐点となる希望に満ちた新年が明けました。朝鮮音楽mp3うpにより慶祝しようと思います。おまけとして年越し朝鮮中央放送もつけときます。
    • 日の出の瞬間 - mediafire
      普天堡電子楽団第108集 趙錦花独唱曲集4 より
    • 我らは党の軍隊 - mediafire
      普天堡電子楽団第129集 ク・スンヘ作曲集1 より
    • 雌雉打令(タリョン) (器楽) - mediafire
      普天堡電子楽団第91集 より
    • 大建設行軍の道に勝利を轟かそう - mediafire
      血の海歌劇団。朝鮮のうた第88集 パク・ムジュン作曲集3 より

    • 朝鮮中央放送2008-2009 - mediafire
      3250kHzより録音。音質悪い
    お楽しみ下さい。

    a0072616_1927511.jpg
    ▲「総進軍のラッパの音を高く鳴らし、今年を新たな革命的大高潮の年として輝かせよう」(イメージ)

    ところでエキサイトブログのサーバー時計が15分ぐらいずれていやがる。閏秒の調整ミスか?チョッパリめ
    [PR]
    by vchangun | 2009-01-02 19:44 | 朝鮮音楽
     ● 

    花咲く春をもたらそう

    1982年の映画「森はそよめく(숲은 설렌다)」の挿入歌「花咲く春をもたらそう
    花咲く春をもたらそう 日本語訳

    私の心は一筋の根となって
    雪の中でも青い芽を出そう
    花咲く春をもたらそう

    私が胸に抱いて生きた希望も
    そよめく青い森 ここで花開く
    お前のために捧げよう 私の青春を

    青い森に鳥たちがやってくるとき
    果物をとる人々が喜ぶとき
    青い森よ、歌っておくれ 私の幸せを

    私の夢を育んでくれた懐もここ
    私の生を輝かせてくれた懐もここ
    お前といっしょに輝かそう 私の一生を


    普天堡版をupしておきます。
    • 花咲く春をもたらそう - mediafire
      普天堡電子楽団/尹惠英。普天堡電子楽団第81集より

    ところで、紅白に南朝鮮の東方ナントカが出てました。まったく年の瀬も押し詰まっているというのに、南朝鮮当局はウォン安で外貨獲得に躍起なんですね。

    a0072616_2033476.jpgそれはさておき、
    以上をもちまして、チュチェ97年の更新を終わります。
    ご機嫌よう、さようなら。
    こちらは東京です。

    [PR]
    by vchangun | 2008-12-31 20:25 | 朝鮮音楽
     ● 

    塹壕の中の我が歌

    祖国解放戦争(朝鮮戦争)期の歌謡「塹壕の中の我が歌」です。
    塹壕の中の我が歌 歌詞日本語訳

    塹壕の中の我が歌 故郷まで響け
    祖国を守ろうと銃を取って3年3ヶ月
    敵弾降り注ぐ苛烈な戦いも
    手柄を立てよとのお言葉を肝に銘じて戦った
    手柄を立てよとのお言葉を肝に銘じて戦った

    塹壕の中の我が歌 故郷まで響け
    我らの幸福を奪おうとする怨讐米帝を打ち破り
    輝く勲章を胸にして我が家に帰れば
    愛する父母妻子の両手に抱かれよう
    愛する父母妻子の両手に抱かれよう
    ワンジェサンによる器楽版をupしておきます。
    • 塹壕の中の我が歌 - mediafire
      ワンジェサン軽音楽団第76集 器楽曲集19より

    a0072616_1222204.jpg
    ▲『朝鮮革命博物館 下巻』より
    [PR]
    by vchangun | 2008-12-06 12:26 | 朝鮮音楽