「朝鮮労働党万歳!」平壌本部
http://wsdprk.blogspot.com/に移転しました

ブログトップ  

カテゴリ
全体
朝鮮音楽
その他音楽
朝鮮
総聯・在日同胞
南朝鮮
日本
世界
北朝鮮用語の基礎知識
未分類
以前の記事
2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
more...
倉庫
  • mediafire
    upした朝鮮音楽mp3
  • モガディシュ支部
    朝鮮のうた第34集「行事音楽曲集」のmp3あり。
  • 仮設川崎支部
    何もない
  • 検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
     
     ● 

    タグ:朴正煕 ( 2 ) タグの人気記事

     ● 

    南朝鮮 朴正煕傀儡一味 - 5・16革命公約

    この記事は新しいブログに移しました
    http://wsdprk.blogspot.jp/2008/10/516.html



    今日はなんとなく朴正煕な気分だ。よって、「5・16革命公約」を紹介するとしよう。「5・16革命公約 (5.16 혁명 공약 )」とは、1961年5月16日、の5・16クーデターによりソウルを占領した朴正煕率いるクーデター軍が、ラジオ放送を通じて発した声明である。原文と録音はこちら
    親愛なる愛国同胞の皆さん!

    (これまで)隠忍自重してきた軍部は、いよいよ今朝未明を期して一斉に行動を開始して国家の行政、立法、司法の三権を完全に掌握し、引き続き軍事革命委員会を組織しました。軍部が決起したのは、腐敗した無能な現政権と既成政治家たちにこれ以上国家と民族の運命を任せておくことは出来ないと断定し、百尺竿頭で彷徨する祖国の危機を克服するためです。

    軍事革命委員会は、
    一つ、反共を国是の第一とし、これまで形式的で、掛け声だけに留まっていた反共体制を再整備・強化するでしょう
    二つ、国連憲章を遵守し、国際協約を充実して履行し、米国をはじめとする自由友邦との紐帯を一層強固にするでしょう
    三つ、この国の社会のあらゆる不敗と旧悪を一掃し、頽廃した国民道義と民族正気を立て直すため、清新な気風を振興するでしょう
    四つ、絶望と飢餓の線上で喘ぐ民生苦を早急に解決し、国家自主経済建設に傾注するでしょう
    五つ、民族的宿願である国土統一のために、共産主義と対決することの出来る実力の培養に全力を集中するでしょう
    六つ、このような私達の課業が成就すれば、清新で良心的な政治家たちにいつでも政権を移譲し私達は本来の任務に復帰する用意があります。

    愛国同胞の皆さん!

    皆さんは本軍事革命委員会を全幅的に信頼し、動揺せず各員の職場と生業を平常通り維持してください。私達の祖国はこの瞬間から私達の希望による真新しく力強い歴史が創造されるのです。私達の祖国は、私達の団結と忍耐と勇気と前進を要求しています。

    大韓民国万歳!
    決起軍万歳!
    解説

    4月革命により李承晩は打倒され、張勉新政権の樹立により韓国には春が訪れたかと思われた。しかしその後政局は混迷を深め、朴正煕陸軍少将率いるクーデター軍が決起。1961年5月16日早朝3時、漢江口に進入し、小規模な銃撃戦の後ソウル入城に成功した。クーデター軍は中央官庁及びソウル中央放送局など目標地点を一斉に占拠し、軍事革命委員会を組織。そして5時頃、初めての放送を通じて決起の名分を明らかにするとともに、6項目の革命公約を国内外に宣布した。

    この時、KBSの朴チョンセ(박종세) アナウンサーは宿直勤務中だったが、急に軍人が押しかけ、訳も分からず機械室に身を隠した。2階の放送室に行ってみると、そこには星二つを身に付け、黒い色眼鏡を掛けた背の低い陸軍少将がいた。彼に「革命の事実を放送せよ」と指示され、朴アナウンサーは震える声で放送に臨んだという。

    a0072616_2159685.jpg

    ところで、朴大統領の名前は、日本語読みで「ぼく・せいき」って言うんですか。卑猥な名前ですね。やはり、名は体をあらわす・・・ポア!
    [PR]
    by vchangun | 2008-10-19 22:02 | 南朝鮮
     ● 

    セマウルの歌

    おはよう。最近、南朝鮮の「セマウルの歌」にはまっている。
    セマウルの歌 歌詞日本語訳

    夜明けの鐘が鳴ったよ 新しい朝が明けたよ
    きみもぼくも起きて 新しい村を育てよう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう

    藁葺きの家もなくして 村の道も広げて
    みどりの庭をつくって まめに整えよう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう

    互いに助け合い 汗を流して働き
    所得増大 力を尽くして 富者の村をつくろう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう

    我らみな力強く 戦いながら働いて
    働きながら戦って 新しい祖国をつくろう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう
    セマウル(新しい村)運動は、1970年代に朴正煕大統領が推し進めた農村の近代化運動。その公式テーマソングとして朴正煕が自ら作詞作曲したのがこの「セマウルの歌」である。

    a0072616_13204634.gifセマウル旗

    セマウルの歌 (Real Audio)

    ヒョドハジャ(孝道しよう).com」で「セマウルの歌」のFLASHを視聴できる。はじめに「毎月8日はお焦げデー」というメッセージが出て、それから歌が始まる。

    練炭が踊ってたり、かぶらに羽が生えて飛んでたり、塀の後ろで日本人やら黒人やらが指をくわえて見てたりと、なかなか愉快。「村の道も広げて みどりの庭をつくって」の部分ではニュイっと道が広がって、地面が隆起してポコポコっと丘が現れる。「푸른동산」は「みどりの庭」と訳したけど、正確にはプルンは「青い」で、ドンサンというのは韓日辞典によれば「家の近くにある小山や丘」とか「築山のある庭園」のことだという。それから男どもが博打をしているところに上から女の子が降ってきてセマウル旗を振りながら暴れてる場面があるが、かつての韓国では博打で負けて農地を取られたりというのはよくあったことらしい。



    a0072616_2174518.jpg
    ▲「崩れゆく朴正煕傀儡政権を打倒しよう!」
    [PR]
    by vchangun | 2008-01-06 13:57 | その他音楽