「朝鮮労働党万歳!」平壌本部
http://wsdprk.blogspot.com/に移転しました

ブログトップ  

カテゴリ
全体
朝鮮音楽
その他音楽
朝鮮
総聯・在日同胞
南朝鮮
日本
世界
北朝鮮用語の基礎知識
未分類
以前の記事
2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
more...
倉庫
  • mediafire
    upした朝鮮音楽mp3
  • モガディシュ支部
    朝鮮のうた第34集「行事音楽曲集」のmp3あり。
  • 仮設川崎支部
    何もない
  • 検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
     
     ● 

    カテゴリ:その他音楽( 22 )

     ● 

    「蟹工船WORK SONG BOOK~日本の労働歌集」曲目

    a0072616_22574777.jpg

    そういえば「蟹工船WORK SONG BOOK~日本の労働歌集」>の曲目が判明しましたね。
    1. 聞け万国の労働者(メーデーの歌)
    2. インターナショナル
    3. がんばろう
    4. 富の鎖
    5. 若者よ
    6. 石油掘りの歌
    7. 手のひらのうた
    8. われらの仲間
    9. 晴れた五月
    10. 革命歌
    11. 民族独立行動隊の歌
    12. 心はいつも夜明けだ
    13. たんぽぽ
    14. くるめくわだち
    15. 勝利を我らに
    16. 俺たちゃ若者
    17. 仕事の歌
    18. 町から村から工場から
    19. しあわせの歌
    このうち「がんばろう!~決定版 日本の労働歌ベスト」にも音楽センターの「プロレタリア・ソング選曲集 どん底の歌」にも収録されていないのは<6. 石油掘りの歌>、<7. 手のひらのうた>、<8. われらの仲間>、<16. 俺たちゃ若者>、<17. 仕事の歌>でしょうか。なんかロシア民謡が混入してますね。
    [PR]
    by vchangun | 2009-06-06 23:12 | その他音楽
     ● 

    蟹工船WORK SONG BOOK~日本の労働歌集

    蟹工船WORK SONG BOOK~日本の労働歌集というCDが6月24日にキングレコードから発売されるらしい。まだ曲目が判明していないのでよくわかりませんが、一つ言えることがあるとすれば「これはひどい便乗商売ですね」ってことです。資本家の浅ましさ、ここに極まれり。
    [PR]
    by vchangun | 2009-04-29 15:23 | その他音楽
     ● 

    【チェコスロヴァキア】Kupředu, levá! Zpátky ni krok!

    チェコ事件の記事で言及した 'Kupředu, zpátky ni krok!' という歌についてちょっと紹介する。



    歌詞はこちら。"Kupředu, zpátky ni krok!" は図書館でチェコ語辞典をひいて調べたところ、どうやら「前へ、一歩たりとも退くな」という意味らしい。この歌は1950年代前半からラジオ・プラハのインターバル・シグナルに使われたが、ビロード革命により共産党政権が崩壊してからはドヴォルザークの「新世界より」第1楽章の一部に変更された。

    mp3がこのページに2本あるが、アホみたいに重いので転載しておいた。
    • Kupředu, zpátky ni krok! - mediafire
      その1
    • Kupředu, zpátky ni krok! - mediafire
      その2

    というわけだ。

    a0072616_20193861.jpg
    ▲第1チェコスロバキア独立歩兵大隊の点呼をとるスヴォボダ将軍(1943年頃)。
    スヴォボダ将軍は第2次世界大戦中にチェコ人部隊を率いてソ連軍とともにナチスドイツと戦った人物で、のちにプラハの春でチェコスロヴァキアの大統領に就任する。また、「チェコスロヴァキア社会主義共和国英雄」の称号を3度受称している。つまり、我らの金日成大元帥様と同じ3重英雄であります。(ただし、実はスヴォボダは1946年にユーゴスラヴィアから、そして1965年にはソ連からも英雄称号を貰ってる。というかレーニン勲章ももらってる)
    [PR]
    by vchangun | 2009-01-20 20:27 | その他音楽
     ● 

    【音楽センター】amazon赤化

    これまで音楽センターの円盤は一般には流通していないと思い込んでおったが、実はamazonでも買える
    さっき知った。
    楽天市場店とあわせてどうぞご利用を、と、いうわけだ。

    a0072616_1249933.jpg
    ▲音楽センター会館(東京・新大久保)

    a0072616_1254655.jpg
    ▲音楽センター会館はうたごえ運動の主唱者である関鑑子の居宅跡に立っている
    [PR]
    by vchangun | 2008-12-10 12:55 | その他音楽
     ● 

    買った

    ああああああ。a0072616_11205550.jpg

    [PR]
    by vchangun | 2008-12-06 11:20 | その他音楽
     ● 

    あああああああああ

    先週あたりに紹介した音楽センターの新しいCD「プロレタリア・ソング選曲集 どん底の歌」のカバーの絵ですが、これは昔発売された「日本労働歌革命歌選集 戦前編 解放のうたごえ」というレコードからの使い回しなんですね。(参考リンク
    出所が気になります。

    ちなみに、「どん底の歌」は資金繰りが悪化したためまだ買ってない。誠に遺憾だ。
    [PR]
    by vchangun | 2008-11-26 21:33 | その他音楽
     ● 

    プロレタリア・ソング選曲集 どん底の歌

    a0072616_2303210.jpg
    というCDが、今月20日に音楽センターから発売されるそうだ。(詳細
    これは是非とも買うしかないな。価格も1500円とプロレタリア仕様だ。
    ■収録曲
    インターナショナル(作詞:ウジェーヌ・ポチエ/訳詞:佐々木孝丸・佐野碩/作曲:ピエール・ド・ジェイテール/演奏:中央合唱団、新星日本交響楽団)
    憎しみのるつぼ(作詞:エリ・ペ・ラージン/訳詞:鹿地亘/作曲:エリ・ペ・ラージン/演奏:中央合唱団)
    どん底の歌(ロシア民謡/訳詞:小山内薫/演奏:斉求)
    赤旗の歌(ドイツ民謡/作詞:J.コンネル/訳詞:赤松克麿/演奏:中央合唱団、新星日本交響楽団)
    南葛労働者の歌(作詞・作曲:築比地仲助氏による/演奏:中央合唱団)
    聞け万国の労働者(作詞:大場勇/作曲:旧制一高寮歌「アムール河」の曲譜による/演奏:中央合唱団、新星日本交響楽団)
    同志よ固く結べ(作詞:飯渕敬太郎/作曲:ユダヤプロレタリアート闘争歌による/演奏:中央合唱団)
    くるめくわだち(ドイツ民謡/作詞:小野宮吉/演奏:中央合唱団、新星日本交響楽団)
    ワルシャワ労働者の歌(ロシア革命歌/作詞:スヴンウイッキー(不祥)/演奏:中央合唱団、三多摩青年合唱団、新星日本交響楽団)
    世界をつなげ花の輪に(作詞:篠崎正/作曲:箕作秋吉/演奏:中央合唱団、30周年記念レコーディングオーケストラ)
    晴れた五月(作詞:江森盛弥/作曲:関忠亮/演奏:中央合唱団、センターオーケストラ)
    町から村から工場から(作詞:国鉄詩人編集部/作曲:坂井照子/演奏:中央合唱団、センターオーケストラ)
    国際学生連盟のうた(作詞:東大音感合唱研究会/作曲:ムラヂェリ/演奏:中央合唱団、センターオーケストラ)
    民族独立行動隊の歌(作詞:山岸一章/作曲:岡田和夫/演奏:中央合唱団)
    美しき祖国のために(作詞:岩上順一/作曲:関忠亮/演奏:中央合唱団)

    目玉はやっぱり「国際学連の歌」かな。でも荒木栄の作品が一曲もないのが残念だ。


    団結固く 我が行く手を守れ~~
    [PR]
    by vchangun | 2008-11-11 23:00 | その他音楽
     ● 

    歌唱祖国

    a0072616_174582.jpg
    北京五輪ピック、今日が閉会式だっけ。というわけで、まあ、やるならイマノウチだと思ったので、開会式の国旗入場の際に歌われ、その後「口パク」云々で話題になったあの歌の和訳を作った。
    歌唱祖国(祖国を歌う) 歌詞日本語訳

    五星紅旗は風に翻り 勝利の歌声は何と高く
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う

    高山を越え 平原を越え
    滔々と流れる黄河、揚子江を跨ぎ
    広く美しい土地 我らの故郷だ
    英雄的人民は立ち上がった
    我らの友愛と団結は
    鋼鉄の如く堅強だ

    五星紅旗は風に翻り 勝利の歌声は何と高く
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う

    我らは勤勉 我らは勇敢
    独立と自由は我らの理想だ
    我らは数々の苦難に打ち勝ち
    とうとう今日の解放を獲得した!
    我らは平和を愛し、我らは故郷を愛す
    果敢にも我らを侵略する者はすぐに滅ぼすだろう

    五星紅旗は風に翻り 勝利の歌声は何と高く
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う

    東方の太陽はいま昇って
    人民共和国はいま成長して
    我らの領袖毛沢東は
    前進の方向へ指し示す
    我らの生活は毎日向上して
    我らの前途は万丈の光芒だ

    五星紅旗は風に翻り 勝利の歌声は何と高く
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う
    いま繁栄と富強へ向かう 我らの親愛な祖国を歌う
    とはいっても小生、中国語は朝鮮語のさらに十倍くらい解らないので、機械翻訳と、Wikipedia(英)の記事にある英訳を頼りに何とか和訳を作り上げた次第でございます。あああ、それで、毎度のことでございますが、誤訳その他お気づきの点、ご指摘頂ければ誠に幸甚に存じます。あああ、ちなみに「万丈の光芒」は希望に満ち溢れていることの例えでしょう。

    リンクもいくつか貼っておこう。
    • 歌唱祖国 北京五輪開会式 林妙可 - youtube
      cctv.comからの転載だが、前にあった同じやつが「権利者の申し立てにより削除」されているのでこれも消されるかも知れない。
    • 歌唱祖国 北京五輪開会式 林妙可 - 外部リンク
    • 歌唱祖国 mp3 - 外部リンク
      革命歌劇「東方紅」より?
    • 歌唱祖国 2008版 - youtube
      コメント欄によれば歌ってるのは郭蓉という人らしい。こういうのも嫌いではないが、2:10あたりから若者たちが米帝の都市部における退廃的な落書き文化の猿真似をして「I♥China」とか描いてるのは、何だか痛々しい。まあ、果たして「近代化=欧米化」なのかとかそういうことはここで議論することでもないし面倒なので言及しないが、何が言いたいのかというと、
      ①中国人は水墨画でも描いてろ
      ②中国人は電子音楽の演奏に民族楽器を見事に取り入れて美しいメロディを紡ぎ出している普天堡電子楽団を見習え
      ということだ。
    以上です。

    a0072616_17474084.jpg

    [PR]
    by vchangun | 2008-08-24 17:47 | その他音楽
     ● 

    セマウルの歌

    おはよう。最近、南朝鮮の「セマウルの歌」にはまっている。
    セマウルの歌 歌詞日本語訳

    夜明けの鐘が鳴ったよ 新しい朝が明けたよ
    きみもぼくも起きて 新しい村を育てよう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう

    藁葺きの家もなくして 村の道も広げて
    みどりの庭をつくって まめに整えよう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう

    互いに助け合い 汗を流して働き
    所得増大 力を尽くして 富者の村をつくろう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう

    我らみな力強く 戦いながら働いて
    働きながら戦って 新しい祖国をつくろう
    住みよい我が村 我らの力でつくろう
    セマウル(新しい村)運動は、1970年代に朴正煕大統領が推し進めた農村の近代化運動。その公式テーマソングとして朴正煕が自ら作詞作曲したのがこの「セマウルの歌」である。

    a0072616_13204634.gifセマウル旗

    セマウルの歌 (Real Audio)

    ヒョドハジャ(孝道しよう).com」で「セマウルの歌」のFLASHを視聴できる。はじめに「毎月8日はお焦げデー」というメッセージが出て、それから歌が始まる。

    練炭が踊ってたり、かぶらに羽が生えて飛んでたり、塀の後ろで日本人やら黒人やらが指をくわえて見てたりと、なかなか愉快。「村の道も広げて みどりの庭をつくって」の部分ではニュイっと道が広がって、地面が隆起してポコポコっと丘が現れる。「푸른동산」は「みどりの庭」と訳したけど、正確にはプルンは「青い」で、ドンサンというのは韓日辞典によれば「家の近くにある小山や丘」とか「築山のある庭園」のことだという。それから男どもが博打をしているところに上から女の子が降ってきてセマウル旗を振りながら暴れてる場面があるが、かつての韓国では博打で負けて農地を取られたりというのはよくあったことらしい。



    a0072616_2174518.jpg
    ▲「崩れゆく朴正煕傀儡政権を打倒しよう!」
    [PR]
    by vchangun | 2008-01-06 13:57 | その他音楽
     ● 

    資本主義が生んだプロパガンダ歌謡 - ケーズデンキの歌

    a0072616_20492239.gifケーズデンキの店内で流れている「ケーズデンキはや・す・い~」とかいう歌が気になって、歌詞を検索してみたがどこにもないようだ。というわけで、この度ケーズデンキ某店舗のトイレの横にあるベンチで座り込みの抗議を行いながら歌詞を書き留めてきたので、ここに掲載する。
    ゆめゆめハッピー いつでも安い
    ゆめゆめハッピー でっかく安い
    家電 パソコンの 新製品が安い
    ケーズデンキは安い

    プライスハッピー いつでもお得
    プライスハッピー とにかくお得
    その場でズバッと 現金値引き
    ポイント制よりお得

    保証もハッピー いつでも安心
    保証もハッピー 無料で安心
    3年 5年 10年間
    ケーズは長期無料保証

    お届けハッピー 配送無料
    お届けハッピー 任せて安心
    大型商品 配送無料
    ケーズで楽々お買い物

    ゆめゆめハッピー いつでも安い
    ゆめゆめハッピー でっかく安い
    家電 パソコンの 新製品が安い
    ケーズデンキは安い

    ケーズデンキは安い
    この歌は、アホな消費者にも解る平易な言葉でケーズデンキの優位性を繰り返し謳い、行進曲調の耳に残る旋律でそれをアホな消費者の脳裏に焼き付けるという点でプロパガンダとしての要素が大変強い。コジマ、ヤマダ電機、ベスト電器、ヨドバシカメラなどのテーマソングと比べても、その洗脳力は群を抜いて優秀である。特に最後の繰り返し部分「ケーズデンキはやーすーいー...タンタンタタン!」は、「社会主義を守ろう」の終わり「チーキーセー、...タタタタタン、タン!」を彷彿とさせる。

    何しろ、プロパガンダなどとは無縁に思える現代の日本だが、実際我々の生活の中にはプロパガンダが溢れているというわけだ。政治的なものではないのでプロパガンダとは言わないのかもしれないが、その手法は政治的なプロパガンダと全く同じである。

    ちなみにこの歌のタイトルはわからないのが、歌詞を見る限り「ハッピー!ケーズデンキ」とかじゃないだろうかと私は勝手に踏んでいる。店員さんに訊いたら教えてくれるかな?
    [PR]
    by vchangun | 2007-10-19 21:16 | その他音楽