「朝鮮労働党万歳!」平壌本部
http://wsdprk.blogspot.com/に移転しました

ブログトップ  

カテゴリ
全体
朝鮮音楽
その他音楽
朝鮮
総聯・在日同胞
南朝鮮
日本
世界
北朝鮮用語の基礎知識
未分類
以前の記事
2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
more...
倉庫
  • mediafire
    upした朝鮮音楽mp3
  • モガディシュ支部
    朝鮮のうた第34集「行事音楽曲集」のmp3あり。
  • 仮設川崎支部
    何もない
  • 検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧
     
     ● 

    金日成のパレード

    金日成のパレード」という映画がある。1988年の共和国創建40周年記念式典に招待されたポーランドの国営ポルテル社の取材を元に制作されたドキュメンタリーである。
    a0072616_21304266.jpg
    私は中学一年と中学二年の間の春休みに友人と二人で初めてこの「金日成のパレード」を観た。どこで観たかというと、学校の近くの市立図書館。その図書館は所蔵されているビデオを借りなくても受付に持っていけばその場で観ることができたので、二人並んで90分間画面に見入ったわけだ。

    内容はというと、建国40周年記念式典の映像を中心に北朝鮮の様子を淡々と映し出したもので、上の画像の但し書きにもあるように全て「朝鮮民主主義人民共和国の案内によって撮影し、すべて同国から提供された資料にもとづいて製作したもので、日本語版においても一切のフィクション、コメントは加えられて」いない。すなわち北朝鮮当局が映してほしいもの、北朝鮮の「光と影」のうち「光」の方しか映されていないわけだ。それも、制作者側によるコメントを一切加えず。にも関わらず北朝鮮の「影」の面まで見えてくるという、まさに「ドキュメンタリーの鑑」と称するに値する素晴らしい作品なのだ。

    また意外と見落としがちだが(?)、この映画の凄いのは、パレード映像以外の場面にポーランドの制作者側が入れたBGMまで全て朝鮮音楽で固められているという点である。a0072616_21305992.jpg
    それで、まあ中学二年の私は「金日成のパレード」に深く感銘を受け、その後体育の授業中に二人で「キム、イル、ソン、ニム、マンセー!マンセー!」と叫びながらグラウンドを走ったりしていたわけだ。

    当時私はその図書館がある市から離れたところに住んでいたため貸出券を持っていなかった。しかし今月、わけあって貸出券を所有するに至った。そこで再びその図書館のビデオコーナーを覗いてみると、なんと「金日成のパレード」のビデオがまだあった!早速借りて帰り、自宅のテレビで鑑賞した。まあ、こうしてあの日の「キム、イル、ソン、ニム、マンセー!」とめでたく再会することができたわけだ。

    というわけで、「金日成のパレード」は素晴らしいドキュメンタリー映画なので是非とも観るべきだ。最近はDVD版も発売されているようだし。
    [PR]
    by vchangun | 2007-06-30 22:31 | 朝鮮
    << 庵点   決戦の途へ >>